2006-06-09

愛しき吸血鬼

マガジン感想。
昴流君は早く神威ちゃんのために起きてあげた方がいいと思います(*´ω`)
つーか何この 神威vs星史郎さん展開!
その被害被ってる小狼ww不憫だわwwwまたしても師匠のせいでwwww
んで また追いかけっこですよ CLAMPも飽きないねぇ(ノ∀`)

↓昨日の雑記、続き↓
早すぎる展開に おうじもたしけもビックリ 来週デェトとかになってしまいそう
ナオちゃんいろいろとありがと! バロスな夜が続いたねwww
跡ナオでもっとエロ書いて♪ ふふふ(*´艸`)
ちょ! 跡紅とかやめ・・・ッ!(笑)

週末、実家帰ります♪ いい子にしてるんだよ おうじ(*^∇')b゜・:*☆*:・゜


千の闇を 灯すような 真実が欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-06-02

マガジン読んだ

何ヶ月ぶり?? 例の噂を聞きつけて 深夜のコンビニへ走る
巻頭「氷の世界」 ああああぁん跡部たま ぼぼぼ(つД`)゜・*:.。. .。.:*
はじめて見るツバサ版神威 ペンダントどーみても星史郎さん繋がり ワロスワロス
そしてきました昴流君・・・!

正直、次回予告
「守るべき少年の名は『昴流』?彼こそが星史郎の追い求める吸血鬼なのか!?」

の、『星史郎』が一番嬉しかった
あんなでっかい『昴流は』の文字より こんなちっさい『星史郎』の文字にです
北都ちゃんはどーしたの 魂や絆が同じなら どーして神威と双子なの
神威の技 どうみても星史郎さんのです 本当にありがとうございました



ぐすぐす ぐすん



励ます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-02-12

彼女が故郷へ舞い戻るとき、天使、再臨す。

ヤベェよ…!観ないうちにの戻る日が間近に迫っておりました!!不覚!
つーか、ホント謀ったようなタイミングだなコレ…迂闊;ハハン…(苦笑)
というワケで、“星史郎さん編”もとい“桜都国編”、今週スタート!
あのAngelSmile、再び。(↓注※断じてこのメイドではない↓)

ツバサ・クロニクル次回予告


『新婚さんいらっしゃい』のトークのあのウザさって何なんでしょ?
私ならヴァージル人目に晒すなんてバカな真似しないわ。(聞いてない聞いてない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006-02-02

ヒロインは、桜の女王様

tsubasa ホゲェーッ!!
ついに私の我らの女王サマがDVDジャケットを飾るのね♪
背景の色が気にくわないのだけれど、そこはヒロインの座を戴いたことに免じて見逃してあげましょう。
あ、ちなみに星史郎さんは“歌舞伎町の女王”だから(笑)

…ところで星史郎さんの足はどこ?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-25

すごい事を思いつきました。

無敵の呪文「絶対大丈夫だよ。」に匹敵する神的スペルが頭上に降臨した…!


「星史郎さんの弟子なんだから。」


・・・・キタこれ!キター!!!!!
ツバサを読む気力がまるでないキミにpresent for you!みたいなね!(ぉ)
そうです。主人公の小狼君は、あろうことかあの星史郎さんの弟子なのです。彼の奇行・迷言は全て師匠譲りなんだと思って楽しめばなんと素敵なツバサライフ☆☆☆(失礼すぎ)あ!あともう一個!


「星史郎さんの弟子のクセに…!」


…はい。とってもマニアックな楽しみ方を発見してしまった。そしてこれは世紀の大発見だと思う…!
けど世の星史郎さんファンの方々はとっくに発見してらっしゃるでしょうね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-24

漢の残した名言集。

「私にとってより大切なのは、ヴァルキュリアよ!!私があなたを愛しているという事実なのだから…。」

・・・はい。確かレザード・ヴァレスとかいう変態のセリフでした。『漢語録。』というサイトで発見。懐かしい。もちろん私にとってより大切なのは星史郎さんですが何か。

「私も愛したいんだ。だから・・・・・死ね!!」
とかあったなぁ。コイツ、“だから”の使い方間違ってるよ!(笑)そんな理由で殺される方はたまったもんじゃありません。あ~、愛しいとは言いたくないけど好き(笑)トライ○ースはコイツを変態にしたいのか漢前にしたいのか…初めてハマった変態さんなので思い入れは相当深い。
で、本題。このサイト、ツバサからも投稿されてたよ…星史郎さんだよ…(嬉)

「…避けきれると 思ったんですが」
「真っ二つにしたと 思ったんだがな」
「久しぶりに 楽しい時間に なりそうですね」

[黒鋼][星史郎]こんなセリフを言い合ってみたいなァ!

…らしいです。この時点ではこの方、“どちらも漢前”と言っている様子。

「『猫の目』にいた奴を殺したのは おめぇか」
「はい」
「小僧はどうした」
「殺しました」
「……分かった。…てめぇは俺が斬る」

[黒鋼][星史郎]
師、黒鋼の言葉。
悲しまず、熱くならず、ただ、目の前の敵を斬るだけの存在燃え!



ハイ。説教したいと思います。
どうやらこの方、黒に心底惚れ込んでいるようですが。この場面で漢前なのはどー考えたって星史郎さんだろ。つーか、星史郎さんのいる空間に、それを上回る者が存在するはず無いから。
星史郎さんはだめおだけど、ヘタレじゃないんです。戦闘能力や才能は超エリート、デキる男なのですから。
星史郎さん至上主義のため他のキャラの素敵さが見えなくてすいません。全部星史郎さんの魅力のせいです。断じて私のせいではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-22

蠍座のオトコ達~あと一ヶ月!!!~

別にそういう番組が始まるわけではありませんのでご注意を。

蠍座の人は一途で浮気しない、家庭に入りやすいって聞いた事あるんですけど。
私の周りの蠍座は星の数ほど遍歴もってそうな顔して、一途で独占欲強い奴らばっかです。二次元で(笑)

今日いろいろあって真剣に考えてたんですが。外見より中身、顔より心とよく言いますね。けどね。どんなに性格が良くて話が合って一緒にいて楽しい人でもね、やっぱり生理的に無理ならダメってのはあると思うんですよ。ダメってのは…う、うーん。友達以上にはなれないってことで。

さっきツバサ星史郎さんに会いたくなって「小狼、強くなってました。」と心の中で唱えて巻き戻し、再生したところ、ちょうどそのセリフの所で死ぬかと思いました……つーか死んだ!!!!!
星史郎さんは私を殺すつもりですよ!!それか心が通じ合ったんだね!きゅぴーん!!(可哀想な頭…)

最近氷のランプとパソコンの灯りだけの超薄暗い生活してます。意外に楽しいね。人は暗闇で素直になるのよ。星史郎さんはなれないけど(笑)こっちの方が視力落ちない気がする。
それにしてもツバサが終わった今何を糧に一週間過ごせばいいのか。やっと落ち着いてきたからね。正直、ここまでツバサ星史郎さんで持つ自分を褒めたい。
いや、あの星史郎さんは今まで映像化されたものの中で一番萌えるデキでしたよ本当に!ツバサ星史郎さんがあり得ない新天地を開いてしまったのも原因ですけど。きっとスタッフに愛されてるのよね。だってヒロインより可愛いんだもの。見てよあの「死んでもらわないとね」のサクラ仰天顔。小狼君も星史郎さんにすっ転ぶヒドイ顔だよ(コラ)そしてイチャつく二人を見送る星史郎さんの目を後ろからそっと塞ぎたい…(切実)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-15

星史郎さぁぁーん!

…が最終回に登場するはずもなく。

無駄に美麗な作画に涙が出そうだった。
第2シリーズは多分見ない。
ていうかサクラ、そんな私利私欲のために死んだヤツらを復活させるなんて…。
人が善いっつーか、それでキレない黒たんとファイのほうがよっぽど神様仏様だろ(笑)
自分のために周りがどんだけ頑張ってるか考えたことないのか。

私の最後の願いは星史郎さんの目的が悲劇を招く事柄じゃないことです。
あの人には、素直に「幸せになって」とは言っちゃダメだからねぇー。
それこそ私の私利私欲のためですけど(苦笑)

踊るハジマッタ!
レインボーブリッジ封鎖できません!星史郎さん眠ってるから!
あああああ、星史郎さんを返して!
アレ?虹橋来週なの?そっかぁ。でも1の方が面白いよね!
さぁ、先生オトすぜぃ!(見ないのか)

――――――――――――――
先生ED見た。無印3のインパクトには絶対勝てない。
髪撫でとマント隠しイベントまでは良かったのに…!
あとバッドED!神子殿ご乱心の。
「一気に攻め込むぞ!」って…ヒキを通り越して大爆笑。
しかも先生一緒に戦ってくれるんですか!コー○ーのゲーム違いだろ!(瀕死)
あー、今回はホント、バッドEDのおもしろさが際立つね!(だめ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-09

だ、れ、か、ロマンティック止、め、て!(退場)


『さよなら、星史郎さん。』


はい、もう最終回といってもよいでしょう(断言)
感想いってみよー♪

…小狼はわざわざ遠回りしているように見えたのは私だけでしょうか?

てゆーか根本的に皆何やってんのかさっぱり(大問題)
もう星史郎さんの前では無能の集まりとしか…。サクラとか寝てる方がマシなんじゃないの?って具合だし。皆喋り遅いしねー。

そして今回一番最低だったのは織葉さん…冷たい…コイツ冷たいよ…血の色は緑だよ!
星史郎さんと触れ合うときはもっと壊れ物を扱うかのごとく優しくしてやらなきゃダメだよ!!だから「吸血鬼の伝説知ってますか?」の時、若干泣き顔だったんだよ!あぁ…っ星史郎さん…!
しかも皆さんフェアリーパークを救ってください!って…命令口調でオマエ何様のつもりだよ!?
あぁ「美しい男の子」って表現は正しいよ!でも何でそんなふてぶてしい態度なんだ!
「ゲームに参加すればよかったのに」って…星史郎さんは今回ヒマ人じゃねぇんだよ!そしてゲーマーな星史郎さんなんて見たくないよ!(割とハマってそうだな…)
星史郎さんの御前ですよ?!星史郎さんのためなら国の一つや二つどーなったっていいんだよ!(問題発言)
「知らないわ!」って、顔文字で表すならキレマークな言い方だし!もっと余裕のある女だと思ってたよアンタは!!
そして何よりそんな女を昴流君と間違えてしまった星史郎さんもおバカだよ!萌えー!!(言ってること滅茶苦茶)

…すいません。ここまで怒りを叫んできましたが、全て星史郎さんへの歪んだ愛がそうさせているのであって、織葉さんの態度は人として至極当前の態度だったと思います(今更撤回ですか)

ファイ「その力を、自分が捜している者の力だと考えたんだね」
…「考」の部分で「勘違い」と言い出すのかとハラハラしました。図星な事は言ってはいけません。身のためです。

「今回も違いましたか~」の、「か~」の部分が東バビのおバカキャラな星史郎さんみたいでした。
小狼は師匠を前にして頭が高い気がしました。君の強さは、星史郎さんあってのものなのですから。
しかし後始末はすべて弟子に押し付ける星史郎さん。
愛しすぎ。あと小狼。頭が高いなんて言ってゴメンね。
羽根の責任と言わず、正直に師匠の責任と言ってくれれば私の心はあなたのものだったのに…(本気か)

小狼を避けるべく宙を舞う星史郎さん。すみません笑ってしまいました(笑)
あんなに跳んだのに同じ場所に着地してるし!ヘンなとこ器用~(萌?萌えでしょう)

萌えポイント♪
羽が暴走したとき。「…はっ!」って驚く星史郎さん!
本当に可愛くて可愛くて仕方ない!ここはマジ神でした。いや、エンジェルだ!ビデオ擦り切れるほどに巻き戻したよ。
「はっ」ってゆうか「こぉっ!」みたいな。ぷははっ!←そこで笑うな
魔法具発動の瞬間がカッコよくてびっくりぃ。虚ろな目が素敵だ…。初めて義眼に見えたよ(笑)
あと、消えてく星史郎さんのうつむき加減が超かわい~んですvv

総評:今日の星史郎さんのお顔はつい笑ってしまうものが多かったです(爆)
星火とかいうお姉さんの出しゃばり具合が気になります。予告、全員で「ぷぅ!」って言わなかったか?(苦笑)
梶浦さんの星史郎さんイメージってサックスなのかね?
もうホント、貴女には感謝してもし足りないよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005-10-06

ヘルメットがなければ即死だった。

…無かった私は即死でした。

強さの裏の脆さだよ!?脆さ……!!!
よくぞ言ってくれた編集長!!←詳しい事情は知りません。

そうあの人は、「僕には感情が無いんだぜ!HAHAHA!」なんて言ってるけど(若干誇張)、生まれついたお家が桜塚護なんて特殊なお仕事の家系だったから無意識のうちに心を封じてたってだけなんだよ!きっと自分が傷ついたことにも気がつかないんだよ。
もう完璧であるべきなんてプライドは捨ててほしい。でも捨てられないのが星史郎さんなんだろうな。「捨てない」のかもしれない。捨てるとしたらそれが――。

「“幸せ”のカタチは人それぞれだから」 なんていつまでもほざいてる場合じゃないよ大川先生!それはよく分かる。分かるけど、そんなんじゃまた星史郎さんが…。

話はマガジンに戻りますが、あぐらかいてる星史郎さんってすっごいレアよね!?てかお初ですよね!?
可愛い~可愛い~可愛いよ~。かわい~い!
一体何ですかあなたは。妖精さんですか。ティンカーベルですか。
手に持ってるランプ可愛い~欲し~~v
てゆうか星史郎さんが(強制終了)

| | コメント (0) | トラックバック (0)